DEAD OR ALIVE 5

ハード  PS3,XBOX360,PS4
ジャンル 3D格闘
メーカー コーエーテクモゲームス
開発   Team Ninja

ABOUT

本シリーズの概要はDEAD OR ALIVE DIMENSIONSの項をご参考ください。
このDIMENSIONSで1~4までの物語を再構成し、5はその直接の続編となります。
物語は第5回大会開催のためにザックさんがヘリに乗って方々へ勧誘に行く場面、実際に退会が行われる場面が複数の視点で繰り広げられる関係で、前半から中盤まで結構な間延びがあります。
その分後半ではいつものシリアスさが復活し面白くなるので、クリアを一気に目指すよりも、気長にゆっくりクリアを目指すのがよいような気がいたします。

DEAD  OR ALIVE DIMENSIONSでは、特定のバトルで画面に表示されたコマンドを入力するまでゲームが停止するというQTEを用い、様々な動作を練習する、あるいはムービーの延長をプレイすることができました。
この5では、戦闘直前に提示される目標を闘いながらこなす仕様となりました。成功すると独特のSEで通知されるので大変親切であります。
特にその目標を達成せずクリアしても問題無いのが素晴らしく、ユーザーに一任されているというところに本作の面白さがとる幅の広さを感じます。

格闘ゲームというジャンル故キャラの退場があまり起こらない、そこから物語がどう面白く発展していくか。
今後の6への期待が膨らむシナリオでした。
DIMENSIONSをクリアのうえ、一度触れてみられてはいかがでしょうか。
  それでは、今日はこのあたりで。

視覚補助情報

以下PS3版無印5について記述します (DOA5Uでは変化している可能性あり)

  1. {タイトルメニュー}
    ストーリー
    ファイティング
    オンライン
    エクストラ
    オプション
    PSストア(DLC)
  2. 「ストーリー」の中身
    はじめから
    つづきから
    タイムチャート
    * カーソル初期位置は「はじめから」が選ばれていますのでコンティニュー時にご注意を。
  3. 「オプション」の中身
    ゲームセッティング
    controlセッティング
    スクリーンセッティング
    サウンドセッティング
    オンラインセッティング
    ランゲージ
    クロスセーブ(Vitaとのセーブデータ共有)
  4. ゲームセッティング
    カメラタイプ  ダイナミック クラシック
    ヒットエフェクト On/Off
    汚れの表現 On/Off
    汗とぬれの表現 On/Off
    画面標示物の設定 
    ランダムフィルタ
  5. サウンドセッティング
    (左右で切り替え 端で突き当たる)
    BGM
    SE
    ボイス
    システムボイス
    * まずここでBGMを下げSEを上げてから、カーソル音が明瞭の状態で他のセッティングを操作することをおすすめいたします。
  6. ランゲージ
    メニュー言語 日本語 英語
    ボイス言語 日本語 英語
    字幕 On/Off(デフォルトオフ)
 前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る