暗号メモリアル - スクリーンリーダー対応IDパスワード管理アプリ

種別        : ID/パスワード管理アプリ
対応OS         : Windows10PC (Ver 21H1で動作を確認しました)
対応スクリーンリーダー : PC-Talkerシリーズ、Windows Narrator、NVDA

今すぐインストーラーをダウンロード


概要

暗号メモリアルは、IDパスワードを、サービス別に保存して管理をいただけるアプリケーションです。
久々に利用しようとしたSNS、オンラインショップ、オンラインバンク、ねんきんネットなどで、IDやパスワードをお忘れになり(あるいは記憶と違っており)お困りになられたありとあらゆるご経験を過去にするため、本品を設計しました。メモ用紙のような感覚で、ぜひお気軽にご利用ください。
ブラウザでの自動保存、クラウドでの共有、そしてSNSログイン認証。近年益々便利になるログイン界隈のパスワード入力。
故にその利用不能の状況とは、危機的、突発的、愈々現実的に焦る状況となります。
そんな時、自分が確実にIDパスワードをメモしたと信じられる場所があれば、どれだけ安心でしょう。
どうかそのような安心いただける場所として、本品をご利用いただけましたら幸いです。

特徴

  1. メニューは方向キーとエンターキー、エスケープキーで終わるシンプルな操作
  2. 保存済みID/パスワードをエンターキーのみでコピーを実行する仕組みを設置 (例えばテキストデータからパスワードをコピーした時、誤って改行コードも同時にコピーしてしまうようなことを防ぎます)
  3. 本品で保存されるID/パスワードデータは暗号化されます。従って、本品で保存された情報が流出した際、内容が明らかになることはとても困難です。詳しくはこちら
  4. クリップボードへのコピーのみを支援するクリップボードメモ機能がございます
  5. 本品へクレジットカード情報を保存いただく機能がございます(カード枚数1枚は無料 2枚以上のカード情報保存は有償版でのご提供となります)

今すぐインストーラーをダウンロード


クレジットカード情報の複数保存に対応する有償版をご用意いたしました

クレジットカード情報の複数保存に対応する有料版をご用意いたしました。よろしければご利用ください。
1.価格は7,800円となります。
2.お支払いは銀行振り込みとなります。
※ 詳しくは本品起動後のメニューより「有料版を購入」をご覧ください。


よくある質問

Q1.本品へのデータ保存は安全でしょうか。流出や漏洩が、心配です。
A1-1.まず、データが攻撃者の手に渡る場合を説明します。
本品はWebブラウザでないWin32のGUIアプリなので、『不特定多数のWebページで出所不明のJavaScriptが動く』と言った、一般ブラウザに類するセキュリティリスクは限りなく0に近い設計をしております。例えば本品で、攻撃者が任意のJavascriptコードを実行することは不可能です。その方面からは、一定の安全がございます。この段階では、丁寧にWindowsUpdateを行い、ルーターのファームウェアを更新され、攻撃者からデータの摂取される状況を防ぐことが重要です。。
A1-2.次に、本品が暗号化したデータの復元フェイズを説明します。
本品の保存データは、本アプリ内に格納された固有キーとご利用者様の設定された暗証番号を組み合わせた情報を用い、RC4Encodeにより暗号化保存が行われます。
暗号化データとは、暗号データを複合化(復元)して初めて情報が回復されます。本品で用いておりますrc4encode、ARCFOURアルゴリズムは、2013年に手数次第で突破できると論文がございます。一方、個人がそう易々と内容を確認できない程度の強度で保存情報は保護されております。
より詳しくは、右記PDFをご覧ください。具体的な突破手順が記載されております(英語)。
RC4エンコードの突破の詳細は、右記にも詳しくございます。合わせてご高覧ください。https://www.rc4nomore.com/
適宜自衛と他所へのバックアップを行われつつ、問題の無い範囲でご利用をいただけましたら幸いです。
Q2.今まで保存したデータが、間違いで消えることは避けたくございます。保存データのバックアップは可能でしょうか。
A2.「ドキュメント」や「OneDrive」へのテキストデータとしてのバックアップ、ワープロで印刷しての紙媒体へのバックアップが可能です。
  また、オートセーブ(自動保存)へも対応しております(デフォルトON)。必要に応じてご利用ください。

今すぐインストーラーをダウンロード


謝辞

Twitter等で当プロジェクトを陰日向に応援頂きましたA.M様、M.Y様初め、本品へご支援を頂きましたすべての皆様に感謝申し上げます。

前のページへ戻る
本文先頭へ戻る