DAISY図書再生専用ソフト『雛菊の時間』

対応OSWindows10 Windows8.1Update1 Windows7SP1
対応画面音声化ソフトNVDA FocusTalk PC-Talker Windows Narrator
対応DAISYフォーマット音声DAISY(2.0 2.02)(mp3形式 wav形式) マルチDAISY テキストDAISY

プログラムをダウンロード


概要

本品は、Windows個人フォルダ内の「ダウンロード」内へ解凍いただいた音声DAISYデータ、テキストDAISYデータを本のようにお読みいただけるソフトです。
DAISY(Digital Accessible Information System)とはデジタル録音図書の国際規格で、視覚障害を対象とする録音図書としてサピエ(視覚障害者情報総合ネットワーク)等で図書提供フォーマットとして利用されています。また、図版やテキストを音声と連動し表示する機能が規格化されているため学校用の教科書へも用いられています。
本品は音声DAISYの再生とテキストDAISYのスクリーンリーダー環境での閲覧を専門とします。
近年、サピエ図書館の普及によりデイジー図書をインターネットよりダウンロードする機会が増えました。
お試しをいただけましたら幸いです。


特徴

録音図書(音声DAISY)
  1. 目次毎のジャンプが行えます。
  2. 方向キーの上下で音量を変更頂けます
  3. 方向キー左右で早送りと巻き戻しが可能です。
  4. 最後にお読みいただいたタイトルは、自動的に書籍一覧の最も上の位置へ移動します。
    多くの図書をご利用の際、読んでいる途中のタイトルへ少ない操作でアクセスいただけます。
  5. 最後の再生位置を記憶し、次に開いたときに前回の続きをお読みいただけます。
  6. 内蔵ブラウザによりサピエ図書館からDAISY録音図書を検索/ダウンロードいただけます
  7. 図書をダウンロードされた時にできる圧縮ファイル(*.exe形式)は、当該図書を開いた時点で自動削除されます。これにより本体ストレージのファイルシステムを自動的に節約し、快適にご利用をいただける環境構築をお手伝いいたします。

本品でサピエ図書館から本をダウンロード頂くときの注意
  1. サピエ図書館のご利用にはお住まいの地域にございます点字図書館様へのユーザ登録、サピエIDとパスワードの入手が必要です

テキストDAISY
  1. 目次から目的の内容へアクセスいただけます。
  2. 内容は拡張子(*.txt)へ関連付けられたテキストエディターで開かれ、対応スクリーンリーダーでは自動読み上げが開始されます。
  3. 円滑な音声読み上げを実現するため、出力内容から不要の空白や改行を自動で省き、スクリーンリーダーとの親和性を確保しております。
  4. 本文内容はテキストファイルですので、任意にメモなどを書き込むことが可能です。
  5. 図書をダウンロードされた時にできる圧縮ファイル(*.exe形式)は、当該図書を開いた時点で自動削除されます。これにより本体ストレージのファイルシステムを自動的に節約し、快適にご利用をいただける環境構築をお手伝いいたします。

利用許諾契約内容の確認、今すぐプログラムをダウンロード


ご利用方法

サピエ図書館よりダウンロードされたDAISY図書を、本品でご利用いただく方法について以下にご案内いたします。
録音DAISY、テキストDAISY共に同一の手順となります。

  1. サピエ図書館からDAISY図書の自己解凍形式圧縮データをダウンロードします。(このとき、ダウンロードフォルダへ保存します)
  2. ダウンロードした圧縮データを解凍します。(このとき、解凍先がダウンロードフォルダ内であることを確認します)
  3. 本品を起動します。書籍一覧へ先ほど解凍いただいたタイトルが自動的に追加され、お読みいただけるようになります。

アンインストール方法

メニューバーの「アンインストール」より消去をいただけます。


操作説明の表示

ファンクションキーの1を押していただくことで、状況に即した操作の一覧が表示されます。
音声PCをkeyboardで操作いただいている場合、カーソルキー上下で内容を確認いただけます。


利用許諾契約内容の確認、今すぐプログラムをダウンロード


更新履歴

平成30年


更に以前の更新内容


著作権

©2016 2018 Ryougeikan , Programmed A.K
Hot Soup Processor (HSP) Copyright (C) 1997-2014, Onion Software/onitama, all rights reserved.

 前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る