Routesポータブル&PE

メーカー:アクアプラス
ハード:PS2/PSP
ジャンル:ビジュアルノベル
CERO:C(15歳以上対象)
公式サイト:http://www.aquaplus.co.jp/routes/


「終わりよければ全てよし」の考え方こそ世の理にしてドーパミンの厳選、第一印象で即断すると時にもったいないのかもしれない、今日はそんなお話です。

ビジュアルノベルとしてのRoutes

本作Routesはまことオーソドックスなテキストアドベンチャーです。
文章を読み出てくる選択肢を選び、との弟切草の昔から普遍のシステムに乗りゲームは進行していきます。
ですがそこは現代の作品、フルボイスに振動機能、画面エフェクトにワイド画面対応、既読スキップにキャラ別音声On/Off切り替えと全方位サービス。安心してお買い求めいただけます。
次はゲーム難易度。
結論を申しますと恐ろしく簡単な内容として分類できます。テキストアドベンチャー入門用としてこれ以上ないシンプルさではないでしょうか。
選択肢によって物語は分岐していきます。
内容がわかりやすい様相で、1ルートにあって何かをプレイヤーが選ぶ局面は3~4回。ほとんど見ているだけでなんとかなってしまう案配です。
複雑な分岐やフラグと最も遠い所にある作品。気軽にふれられますので安心して入ってきてください。

本編の内容

上の公式サイトに案内のあるとおり、ストーリーはエージェント家業を営む主人公が、潜伏先の学校や私有の分譲マンションでいろいろ過ごす内容。
言うに及ばず物語は面白いのですが、1つ注意いただきたいことがあります。
何かと申しますと、1シーンの会話量がただならぬ量なのです。
大筋、即ちプロットにあたる部分は最初から最後まで面白く。ただ長い、くどい部分が散見されるのです。
ハードボイルドな場面あり、スタイリッシュな阿アクションシーンもあり。思わぬ結末に新事実もしっかりと完備。
さらにはエージェント家業の詳細、情報処理技術や経済、歴史に基づく物語設定はすばらしい質と量。
貴方の根気が続く限りきっちり答えてくれるシナリオです。

おわりに

そんなわけで、言ってしまえば面倒極まりつつなお面白い本作。
はじめから冗長だと分かり触れれば案外大丈夫かもわかりません。
知的好奇心旺盛な貴方には更にお勧め。本作で出てきた単語を本でもネットでもなんでもいいんでいろいろ調べると世界がどんどん広がります。たとえばこんな情報とかこんなところとかいろいろとひっかかってこれだけで1日過ごせること請け合いです。
最後まで遊びきったなら楽しかった思い出となっていることでしょう、その余韻により長く浸るにはドラマCDがオススメです。ゲームの後日談ですから勝手知ったる雰囲気で存分に楽しい時間を過ごせることでしょう。

お買い物

Routesポータブルをアマゾンで購入
Routes PE(PS2版)をアマゾンで購入
Routes オリジナルドラマCDを購入

 前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る