購入前FAQ|十三機兵防衛圏(視覚補助情報)

Q:どんなゲームなのですか?
A:探索パートと戦闘パートを交互に繰り返しながら物語を読み解いていく作品です。
Q:探索パートについて詳しく教えてください。
A:移動、会話、所持品の使用を繰り返しながら物語を先へ進める探索パートは、会話できる場所で鳴る効果音、プレイヤーの位置が音である程度解る構造、アイテムやキーワードの音声読み上げなど、とても自然に視力を必要せず愉しめる環境が生じています。心の声を含めたフルボイス演出も行われており、ぜひ多くの視覚障害をお持ちの方に体験頂きたい絶品でした。
Q:戦闘パートについて詳しく教えてください。
A:コマンド選択中の長考が可能、全ての操作に効果音があり、敵が「攻めてくる」構造から必ずしも味方側を拠点から「移動させる必用が無い」構造が白眉な戦闘パートもフルボイスであり、難易度変更機能があり兵装の改造で更に視力を必要としない環境を自分で作れる成長要素と合わせて大変魅力的でした。
Q:買って良かったですか?
A:エンディングへ到達しました。最高でした。ぜひプレイしてください。
Q:視力を教えてください。
A:左が0、右が手動弁です。手動弁とは、眼前で手の動く方角が視認できる状態です。明るさ、軽い色を把握可能ですが眼前の事物が何かを判定することはできません。
Q:ネタバレにならない反意でプレイ中に印象深かった場面を教えてください。
A:バイクが出てくるのですが、実に素晴らしい。視覚障害の見地からも決して見逃せない種類のバイク。ぜひ楽しみにプレイを進めてください。
Q:PS4を持っていないので、本体毎ソフトを買うのが不安です。小さくない支出をして遊べない、肌に合わない結果となることを思うとどうしても心配が拭えません。どうしたらよいでしょうか。
A:
  1. PS4には他にも視力を用いずプレイ可能な作品があります。戦国無双4、戦国無双4 Ⅱ、ひぐらしのなく頃に、カラドリウス、GUILTY GEAR Xrdシリーズ。主観ながら、本体購入の際にプレイされたいソフトが3つ以上ある状態でしたら、本体への支出のペイは達成感と楽しさと満足で相殺可能と計算します。<
  2. PS5ではPS4の互換性確保がアナウンスされています。既に家庭用ゲームに親しんで折られるがPS4をお持ちでない場合は、PS5の発売を待たれるのも一つかもわかりません。<
  3. PS4を初めて購入された際、、次の記事が参考に頂けます。視力を用いず本体の初期設定を行う方法です。PlayStation4 視力を用いない場合の初期設定の流れ (別タブで開きます)
Q:好きなキャラは?
A:ほぼ全員
Q:PS4を持っているのですが購入に踏み切れません。特に実際プレイできるかが不安です。どうしたらよいでしょうか。
A:体験版のプレイをお試しください。
Q:好きな機兵は?
A:甲乙付けがたく。第一世代の近接戦のヒロイズムに第三世代のレールガンシリーズの「放つ」気持ちよさは絶品であり、第四世代の「インターセプター」、即ちドローンを放って自動攻撃させるのも知らない間に敵Dが消えている爽快感も心地よくあります。
Q:お薦めの変成は?
A:第一世代の近接攻撃のみで倒せる敵が出現する可能性を考え、必ず1機、第一世代を入れるように編成しました。その他は思うまま進捗。難易度Casualの場合、誰を選んでも強いのは本作の魅力と考えます。
Q:メタチップの利用で何から強化をしましたか?
A:最初はターミナルでメタスキルLvとメタチップ取得倍率Lvを最優先に強化しました。
理由は改造の資金であるメタチップの取得総量が多いことはクリアステージ数が多くなればなるほど兵装の強化(=ロックオン可能範囲の拡大といった視力の代用ともなる改造)に寄与すると考えたからです。
機兵改造は兵装から。特に遠距離武器を優先して取得と改造、装備を行いました。遠距離武器を改造するとロックオン反意や射程が伸びるので、「移動をせず闘う」一助になるのです。
一方、第一世代を丁寧に育てました。近接攻撃だからこそ「移動コマンド」を使わないでプレイする時の「攻撃範囲」を広げる必要を予測したからです。
敵のいる地点に移動して攻撃する「リープアタック」の移動攻撃可能反意を広げ、、緒方君(10番機)の「ハイパーコンデンサー」は「デモリッシュブレード」という威力ある必殺近接攻撃の、攻撃範囲を広げる素晴らしいパッシブスキルを付与する装備、常備して闘いました。
Q:シミュレーションRPGで移動せず闘うとはどういうことでしょうか。
A:本作の戦闘目的は「拠点を守る」ことです。
敵は拠点へ向けて攻めてきます。
味方は拠点周囲に出撃します。
即ち、待っておれば敵の方から自動的にこちらの攻撃圏内にやってくる仕組みになっており、その時どう防衛迎撃するかを考えるのが戦略の要となるゲームデザインが行われています。
以上から「移動しない」運用が通常の戦略として可能となります。
Q:第一世代の運用方法をもう少し詳しく
A:リープアタックの射程内に敵がいる場合、そこへ「攻撃」することで移動します。
リープアタックでの移動の結果、「敵に近づく」結果となるので隙あらばラッシュやデモリッシュブレード等の、移動を伴わない兵装を利用。このコンボがどうして結構決まること。視力を用いず第一世代を運用される際、ぜひ参考になさってください。
敵がリープアタックの射程外である場合でも、E.M.P.サラウンディングやE.M.P.アトラクターなどの攻撃は上空の敵を「落とす」効果に加え、ダメージを与えることもできます。謂わばE.M.P.シリーズは第一世代共通の遠距離武器。こちらを用いて地上の敵として相手へ攻撃する方法を考えていかれるのも一つの手段と考えます。ご武運を。
Q:焼きそばパンを現実でも食べましたか?
A:はい。ケルンさんの焼きそばパンが、甘さ控え目で紅ショウガも香しい絶品でした。皆様も同店へお立ち寄りの際はぜひ。
Q:追想編でどうしても先へ進めません。どうしたらよいでしょうか。
A:こちらを御覧ください。筆者が視力を用いずプレイし、事前に知っていたらよりスムーズだったろうカ所をまとめています。また、十三機兵防衛圏 攻略Wiki (別タブで開きます)さんの一般的な攻略情報も役立ちます(役立ちました)。頑張ってください。

目次へ戻る


前のページへ戻る
本文先頭へ戻る