Rez Infinite

ハード:PS4
リリース形態:ダウンロード専売
備考:視力を用いない場合、PSVRを用いることでプレイ可能

はじめに

全てのことがそうだと言えないと承知し、そのうえでなお諦めなければ夢は叶う。
そうしたことの実例に、本日はなるよう思われます。
PS4のCMに「できないことができるって最高だ」というキャッチコピーがありましたが、
それが現実である具合をぜひご覧ください。

わたしとRez

Rezとは、自動で奥へレール状のステージを進みつつ、画面内の敵をカーソルでロックオンし撃墜する反復を基本とする3Dシューティングです。
さて、自動スクロール、ロックオンなれば、あるいは視力を用いることなくプレイ可なのかもわからない。
そう考えてPS2版のRezを購入したのは今から14年以上前のこと。

結果的にプレイは無理でした。
画面内に表示される円形のカーソルを、罰ボタンを押しながら敵と重ねることで初めてロックオンしたこととなるのですが、
則はカーソルを「目視で」敵の場所まで持っていかねばならない。

そこでカーソルを斜め横断させてみる、画面左上端からローラー作戦やってみる、いろいろやりましたが何れも実用プレイに耐える工夫にはなりませんでした。

しかし世界観はロマンティックで振動は気持ちよくリズムとショットがどれだけ連打してもBGMと合うプログラムな工夫にも惚れていたので、ぜひいつかやりたいのだと積年から思い続けて今へ至ったのであります。

VRというカーソル移動

視力を用いないプレイにおいてPS2版、DC版で懸案の一つであったのが、
画面端が効果音でわからない
ことでした。

画面端がわからなければ存在しない上や左、カーソルの移動し得ない場所へとキー入力を指示し、
無駄な時間の生じるのは必至です。

さてここで、PS4の周辺機器として発売されたPlayStation VRの情報をご案内申し上げます。
頭へゴーグルのようなものを被りましてヘッドホンも装着しまして、
視線移動でゲーム内世界へダイブする。そうした浪漫が味わえるこの周辺機器ですが、形容でなく「ゲームの世界へ入る」経験になっていて夥しい新体験は新世代の到来をプレイヤーへと本能レベルに実感せしめます。
それはさて、この目線移動がこのRez Infiniteでは
「カーソル移動の役割を果たしていた」
のです。この事実へ気づいた時、感激に身が震えました。

画面端が首の可動域となったのですからこれなら間違えようのないことです。
頭の上下左右移動が、即ち画面内のロックオンカーソルの上下左右移動とイコールになった。
加えては「気軽にRez」という、演出堪能に重きを置いた追加モードの存在から
Area 4までを一切視力を用いずクリア、トロフィーもそれだけ獲得の叶いましたことをここにお知らせ申し上げます。


おわりに

ウイルスによって侵されたファイアウォールをハッキングし、レイアーレベルを上げながら奥へ奥へと進んでいくストーリー。
それを表す光と音の体験が、こうして新デバイスを得て、より広く知られることとなったのをとても嬉しく思います。
上記しましたプレイ方法が「楽しい」かどうかは議論のあることと思うのですが、何はさて
面白い
ことはぜひ一筆いたしたく思います。
子供のおもちゃに押せば音の鳴る人形や靴などございますが、ああしたのを夥しく華やかにしまして本作が体験される環境が整ったのです。
打てば響く、入れれば出る。
コンピューターゲームとはインプットによるアウトプットにより楽しむ娯楽ですが、
このインプットの楽しみが味わえる事実。
ぜひ本日お持ち帰りをいただいて、とりわけ視力を用いず本作をプレイされる切っ掛けとなることを祈っております。
  それでは、本日はこのあたりにて。

ダウンロード版入手先

PlayStation Store

お買い物

PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版

 前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る