カラドリウス

メーカーMOSS
ハードXBOX360,AC,PS3
ジャンル縦スクロールSTG
備考イベントシーンはフルボイス
公式ポータルサイトhttp://caladrius.mossjp.co.jp/

はじめに

今日は私事から。
大学の時分、愛読していたゲームレビューサイトさんで雷電なる大変面白いSTGがあるのだと読んで以来、ぜひ何時か遊びたいと気になっておりました。
同サイトから知ったインタールードもエリュシオンも斑鳩も大変面白かったので、こちらもぜひいつかと首を長くし待っていたのです。
そうこうする内時は流れ、ネットインフラの大進化によりパッケージソフトのダウンロード購入が容易に実現できる世の中が訪れました。
そうして検索したら見つけまして、大変嬉しく購入しダウンロードしました。
実際プレイし感じたのは上記レビューサイトさんにもあったシンプルさからのいい意味での気軽さです。
アイテムもショットもスクロールもあくまでも2DSTGとしてTHE ゲームな描かれ方なのでショットも自機も高い視認性が確保されていて、ショット音、ヒット音、敵機の爆発音の大変明快な様。
競技で有り娯楽でもある作品として、その両方からの接し方を自然に叶う、素晴らしい作品でした。
ここでさらに語りたいのが本作のゲームオーバーの仕様です。
まず、ゲームオーバーになったステージ(一度でも到達したステージ)から、いつでも続きを遊べるようになっています。
なので、どれだけやられてもステージクリアさえしてしまえば次のプレイで先へ進むことが叶う。
これがどれほど嬉しいギミックになるか、どれだけモチベーションが上がったか。クリアの達成感も、ともするとその後の失敗で徒労感になり得るACTやSTGにあって、その達成感を継続して味わえるこの仕様は大変な発明だと感激しながら遊んでいきました。
次に、ゲームオーバー画面で流れるBGM。「おつかれさま」との労いをいただいたような、ここで得た爽快感を糧にリアル世界もがんばりますかと自然思わせてくれる、そんなプレイヤーの人生への応援歌。
プレイ最中の気持ちよさに加え、遊んだ後も気持ちいいだなんて頗る最高であります。

こうして実際遊びその根底に流れるものに触れすっかり惚れ、MOSSさんの新作が出たら絶対購入しようと心に堅く決めました。
そして種々MOSSさんの情報を追い掛けていたら発表された完全新作「カラドリウス」の発売告知。
程なく載った雑誌のレビューを境に期待は絶頂へと高まり、XBOX360パッケージ版からスタートしてDLCにダウンロード版にそしてPS3版と、出たコンテンツは遍く即時購入していきました。

約された極上の達成感

ゲームの楽しさの大きな要素に「達成感」があるよう思います。
本作カラドリウスが凄いのは、その達成感を味わえるセクションを上級者向けのもの(スコアアタックや隠しステージ)のみに限らなかったことです。
例えば難易度を「practice」としますと、敵が一切弾を撃ってこなくなります。
もう一度書きます、弾を撃ってこなくなります。
さて、ならばこの難易度、コントローラーに一切触れずクリアできるのかといえば全くそんなことは無く、雑魚敵の体当たり、地形の当り判定、ボスのパーツ分離攻撃などが組み合わさってプレイヤーがやられる因子は多々存在しているから面白いのです。
雑魚編隊の特攻にエレメントシュート(特殊攻撃)を重ねたり、そのエレメントシュートをどう強化し次のステージへ備えるか。地形の当り判定をボムの無敵時間で回避したり、残機数が減るほど補充されるボムを使うタイミングを考えたり。
このpracticeモードもしっかりと熟考と戦略の叶う遊びとして成立しているからたまりません。
この仕様をはじめて知ったとき、心底から感激しました。
そしてこの難易度は初心者は勿論、視力を一切用いないプレイにおけるエンディングへの到達(創意工夫付き)を実現いたします。
無限クレジットでのクリアではなく、しっかりと戦略を立ててエンディングへと至れる。特に視力を用いずにこれが実現できるSTGは本当に貴重なので、視覚障害の有無に関係なくぜひ人生初の2D縦STG入門の1本にご検討をいただけたらうれしいかぎりなのです。

悲壮、且つ温かい物語

本編プロローグキャラ個別のプロローグ。発売までこれらを読みながら、なんて凄絶な物語なのだろう、そしてどんな結末になるのだろうと大変胸躍ったことが思い出されます。眼前に在り在りと風景の描かれる筆致、彼らの心情を十二分に得心させてくれる描写の数々。
お時間のよろしい時にぜひご一読下さい。
劇中描写、特にエンディングの内容について、これらを読了後に到達されますとなお心へと染み渡ってまいります。おすすめコンテンツであります。

おわりに

本作シナリオの根底にある大きな要素のひとつに「性善説」があるよう感じます。そんな本作だからこそ、序盤から中途(特に3面)に賭けて徹底した絶望が描かれたうえでの、美麗なストリングスBGMと朗々たるナレーションに彩られた各キャラエピローグが光り輝く。どのエンドもとても好きです。
そんな魅力を肌身に感じながらいよいよ惚れ込んで行っていたある日、カラドリウスのXBOX360版ストーリーページが更新されました。
時に2013年6月6日、上記のページがなんとスクリーンリーダーで利用可能となったのです
元々好きで好きでたまらなかったタイトルがハイパーオーバーリミットブレイク。この出来事、一生忘れません。

上述の通り、幅広い難易度による幅広い達成感と魅力的な物語により綴られる本作、あらためておすすめいたします。
  それでは、今日はこのあたりにて。
  皆様もぜひ、カモミールティーをのみながら楽しんでいただけたらと思います。


視覚補助情報

以下、PS3版を記述します。
まず、ゲーム中の操作は公式サイトで確認できるようになっています。ぜひご参考下さい。

次に、初回起動時の手順を説明します。
OPムービー中○ボタンでタイトル画面へ進みます。
初回はインストールの実行を問われるので、左側の「はい」を選択後暫く待ちます。
インストールが終了すると自動でタイトル画面へ遷移するのでSTARTボタンを押してメニューへ入ります。

ストーリーモードを選ぶと、エヴォリューション、オリジナル、アーケードの何れかからモードを選ぶ画面になります。
そちらを選んだら下を2回、そこで左へ突き当たると難易度practiceが選ばれています。
上を2回押して丸を押すとキャラセレクトへ遷移します。

以上、ご参考いただけましたら幸いです。

 前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る