スーパーロボット大戦UX

ジャンル シミュレーションRPG
対応機種 ニンテンドー3DS
メディア ニンテンドー3DSカード/ダウンロード
販売:バンダイナムコゲームス(バンプレストレーベル) 開発:エーアイ

はじめに

思えば「エヴァンゲリオンが出るゲームが出たとはえらいことだ」と勇んで説明書の分厚い格好のパッケージなスーパーロボット大戦α(PS版)を買いに行ったのが私とスパロボシリーズとの出会いでした。
その発売日が2000年、もうすぐ14年(シンジ君の年齢と同じ)になろうとする今日この頃、それまで実に色々ありました(以下昔話)。まずスーパーロボット系の合体デモが収集要素だったことに感激しそれを集め、αクリア後遡って遊んだFではムービーがアニメ取り込みだったものだから初めてパイロットの顔ありカットシーンをおがめてこれはこれでいいなと異なる感激、スパロボ64ではそのマップの広さと読み込みの早さにさすがロムカートリッジと更なる感激、この64版「リンクバトラー」なるゲームボーイソフトと連携いたしましてそちらへ強化したゴーショーグンやマジンガーを送っておけば初手から強化されたユニットを64本体でも使えたという、α外伝やインパクト以後本格的になる引き継ぎ要素の先駆けとなったそのシステムにかなりの快感を憶えました。
同型ソフトも徐々に遊び始めました。まずとてもなんとなく購入したサンライズ英雄譚2が驚くことに戦闘シーンは勿論全イベントシーンがフルボイスだったことに頗る感激を憶え、まだスパロボでは影も形もなかったボトムズが丁度その頃遊んでいたタイピング練習ゲームの題材だったことも手伝ってその世界観に興味は増すばかり。Another Century's Episode 3、こちらも中途のブリーフィングや会話パートがフルボイス。更には戦闘中ボーカル入り楽曲が流れるという落涙禁じ得ない進歩にウイングゼロカスタムのローリングツインバスターライフルを厳戒突破改造でリロード無しにして回しまくる掃除の気持ちよさが重なりえらいことでした。そうそうリーンの翼とはここで初対面だったのです。
あまりに面白かったのでACE2もベスト版のボーカル入りBGM版を購入したらなんとラストステージが連続ミッションで、場面転換に連動してマクロスの「愛・おぼえていますか」が流れるのですけどそこでの掛け合いは登場作品の皆々様で行われるからしてバニング大尉のコウ・ウラキに向けた「やるようになったな」との賞賛には感動の嵐極まる熱さ、筆者にとってあれは確かにゲームプレイでしたが同時に経験した」「出来事」だったと強く確信される次第です。
その後もMXでラーゼフォンを楽しみACEシリーズでブライトさんの遺作となった初代をプレイしその余りに気高い結末とかっこいいオープニングにダブル落涙し、ACE Rでは「ランカちゃん・・・」の曲が収録されているムービーだけカットできない不思議仕様に半笑いなりつつもアクエリオンが神秘的なのでアニメを見てみたら不動GEN指令のあまりにかっこええ人物に一発でファンになってしまい。アーカイブスで購入した第2次第3次EXの3本はオープニングとエンディングのテロップまでフルボイスになっていてα以後その演出が無くなったことを考えるとそこだけはウインキーソフト時代からの退化もあったのだなと色々勉強になり、そうかと思えばPSPで出た魔装機神IIではインターミッションメニューがフルボイスのナビゲーションが実装されとてもスクリーンリーダーだったり(いいぞぼくらのウインキーソフト!とかなり本気で思いました)。。。。。。。。。実にいろいろありました。
そしてこれだけ色々発売され、その中では一部派生を除いて連綿たる基本システムの進化がすすんでおりまして、その結果としてこの度発売されたスーパーロボット大戦UXがえらいユニバーサルデザインなUIを実現されておりましたのでこれはご紹介せねばと本文書を書き始めた次第です。
ここでこうしてご紹介できる日を、ずっと待っていました。

入り口は「かがくの ちからって すげー!」

さて、便利を希求する思いは即ち科学の進歩と発展をもたらします。
そんな科学の発展を空想、あるいは想定して誕生した様々なロボット。たとえばコンバトラーVは腹部に内蔵した小型原子炉を動力に動いているのですがこの設定も1976年たる当時の時勢、高度経済成長と新エネルギーたる原子力の普及から想定された莫大なる夢のエネルギーを1台のロボットの動力として動かしたらどれ程のパワーであるか、そしてそれを用いて語られる物語にあるキャンベル星人全滅だな復讐劇とガルーダの悲哀という多面的な魅力。そうしたドラマが生んだ数々の浪漫に魅力のあればこそ、ラインバレルにマクロスFにデモンベインとその血脈が連綿引き継がれている現代の名作達がなお光り輝いているのだと思います。
即ち進歩・発展の浪漫。
その浪漫を題材とする数々のロボット作品をクロスオーバーし、同一世界館内でひとつの物語とする。スーパーロボット大戦はそんなシナリオの上で展開するゲーム作品です。
このクロスオーバーが熱いのは、そうした「ロボット物」に共通する浪漫、夢、希望が作品を超えて重なり、時に一致するからこそに相違なく、そして…そんな本シリーズについて、そしてそれらロボットも驚きの勢いで進化したシステムの威力を持って、より多くの人が遊べるタイトルとして完成されている本作は本当にロボットを題材としたゲームなのであるなとシミジミせずにおれない感じです。
それは何故なのか、順に見ていきましょう。

About Games>

本作のゲームジャンルはシミュレーションRPGであります。
敵味方それぞれにコマ(ユニット)を持ち、マス目で区切られた盤上で交互に動かし会いながら移動・攻撃を指示、相手を最後に全滅せしめた側の勝利というルールです。将棋やチェスのような雰囲気ですね。

ここで注目なのが本作のゲーム部分をほぼ全て視力を必用とせず行えるという事実です。
さらっとその要素を列挙しますと…

  1. LRボタンでのユニット選択(盤上をカーソル移動しユニットを選ぶ代わりになる)
  2. 移動・攻撃・精神…などの並び順に法則のあるユニットへ行えるコマンドの一覧(把握すればおうようが効くうえにユニット自体を音で見分ける方法もしっかり存在する)
  3. 「移動」を選んだ後更にもう一度Aボタンを押すと、最も自機の近くにいる敵のそばへ自動でカーソルが動く、この状態でAを押すとその場所までの移動指示が自動で行われる(なんとSRPGの移動パートを視力を用いず行える時代が訪れました)
  4. カーソル移動音による表示画面の判断が可能である点。
     例えばコマンド実行後「左右が動かない、上下は動く」ならば「攻撃」で武器選択を行うリスト。
     左右上下共に動くなら、精神コマンド(一時的にユニットの能力を上昇できるコマンド)を選ぶ画面。
     左右上下共に音が鳴らないなら「移動」を実行した直後」あるいは「補給」「修理」を行った直後。LRボタンが無反応であればほぼ「移動」が実行されている。
  5. 戦闘アニメーションのOn/Off切り替えは攻撃直前画面でXボタン
  6. 会話パート中ならびにLR等でのユニット選択中はスタートボタンを押すといつでも「中断セーブ」の確認ダイアログが出現し、
     左 A と入力すると現状を保存できる。(なお中断セーブ後更に 左 Aと選ぶと登場キャラがフルボイスで掛け合いを行う中断メッセージを聴くことができる)
  7. 中盤から登場する出撃ユニット選択画面ではYボタンを押すと自動で現在選んでいるカーソル位置から下にあるユニットが枠数満タンまで選ばれる
  8. フルボイスの戦闘シーン
  9. ユニット強化画面を開いて上を一度押すと武器改造が選ばれる、それを強化すれば搭載されている全ての武装に影響する解りやすいシステム。

他にも色々あるのですが会話パートにボイスがないことを除けばほぼ全ての場面を画面を全く見ずにプレイできることを、筆者自身を非倦怠に確認いたしました次第です。
勿論初回プレイでのメニューの把握、ターン終了方法の理解、「何をすれば何が成る」を最初に理解する壁があります。
加えて勝利条件が「特定ユニットを特定地点に移動」というものの場合「初分岐 JUDAルートでの第8話 明日への道標」「次分岐のアメリカルートでの 17話 決別-ともだち-」等該当、これらは必ず視力を要します。

楽しむ心が力になる

しかしです、その特定部分を除いて必要な情報を得れば(これでもまだ十分ハードルは高いがそれでも)視力を必用とせず快適にプレイできるタイトルがこうしてあるという事実はやはりとてつもないことと信じます。
ゲームとして遊べこそすれストーリーパートはボイス無しですし、重ねて書きますが「楽しめる」かどうかは全く個人個人によります。「遊べる」と「楽しめる」は全く違います。
フルボイスとてそう悲観したものでなし、サンライズ英雄譚Rと2、ACE2と3、筆者が知る限りでもこれまで4作、全場面ボイスありのロボットクロスオーバー作品が発売されています。
後はスパロボシリーズでも全場面でなくストーリーの軸に関わる会話パートだけでもフルボイスとなったなら、少なくとも視力を用いない場合において完全に遊べ、そして楽しめるタイトルとなります。本作はそれだけでそうなる程に現時点でもとても遊びやすくできているのです。

筆者が今回購入したのは登場作品に引かれたからでした。
デモンベインが出るとあらばあらゆる艱難を超えて遊ぼうとの決意が高まりました。それは艱難を乗り越える美徳を魅力に描いた本作の魂に感化されればこそであって、そのリターンとしてドクターウエストのギター、アトランティスストライクの跳躍、ニトクリスの鏡での回避、レムリアインパクトでのナァカルコード送信する姫さんはあまりにも大きなものでした。最高でした。
確実にバージョンアップを重ねて進化してきたこのシリーズ、ご自身の好きな作品がでているものをそれを楽しむことを軸たる目的と据えてひとりでも多くの方にぜひ一度触れてみていただきたい作品のシリーズです。
重ね重ね「楽しめる」かどうかは人それぞれですが「楽しみやすい」ように作られている各種システム自体にゲームソフトとして触れる楽しみを見いだしていただけることと思います。

これからも10年20年、本シリーズが益々幅広く遊ばれやり応えあるゲーム作品として進歩の続いていきますこと祈念いたしております。
  それでは、今日はこのあたりにて。 魔を断つ剣は、まだ折れず…

 前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る