ソルフェージュ ~Sweet harmony~

ハード PSP
ジャンル ミュージックADV
メディア UMD/ダウンロード

はじめに

私立桜立舎学苑(女子校)を部隊に音楽と学業に励む若人の生き様および日常を平和に、そして穏やかに描いた作品です。
主人公の宮藤かぐらちゃん(CV榊原ゆいさん)を中心に繰り広げられる物語の軸に据えられているのは実に素朴で温かな雰囲気。
ちょっとしたファンタジーが含まれていまして、音楽に関するエピソードは架空楽器「フォルテール」を中心に描かれ、主人公はその奏者としての才能を有しているという設定のもと、様々な交流が描かれていきます。

フォルテール

魔道楽器フォルテール、ピアノ型の鍵盤楽器でありながら、音を出すだけで大変な苦労を要する代物だそうです。
その故は、人の心に感応することで音が出る楽器であるという設定によっており、ミュージックアクションパートの描写から推察するに奏者のイメージしたあらゆる音を全て再現できる、天然原理で動くエレクトーンのようなイメージ……そのような楽器です。
劇中のSE描写、そして通常タイプの他に電子タイプがあるという設定からモチーフはピアノである可能性が高く、しかしながら「心を込めなければ音が出ない」という設定によりその楽器としての魅力が随所で生きる物語となっていて本作の魅力を大きく引き出している素晴らしい小道具です。
この楽器を演奏できる人物のひとりとして主人公が描写されていることが、シナリオによって分岐する全てのルートで大きな意味を持っていきます。

ミュージックADV

本作の楽曲演奏シーンはほんものの音ゲーになっています.画面内を流れてくるノーツどおりに最大8つのボタンをタイミング良く押して演奏していく仕組みでして、そうですね……、ポップンミュージックと似たようなシステムです。
音ゲー苦手でも大丈夫、オプションからミュージックパートのオートプレイをOnにすれば、自動演奏ですすめてくれます(物語のクリアも可能)。ですのでまずシナリオはオートOnで楽しんで、一度聴いたことのある曲を遊べるフリーモード(タイトルからアクセスできる)では手動プレイとすれば、なんとはなればADVパートでの劇中歌を遊べる音ゲー同時収録のような迫力を本作に演出できることになり、いい意味でリッチな心地を味わうことができます。
とても親切ですね。

びょうしゃ

物語のテンポ、という意味から考えると、本作の筆運びは決してスムースなものではありません。前半・中盤の日常シーンに関わる会話部分の速度のゆっくりさといったらかなりのものです。
洗練され研磨されたシナリオを楽しむというよりも、中身として描かれているテーマや物語自体を長い時間をかけてゆっくり楽しむ。本作にはそういう接し方が似合っているような気がします。
物語後半、かぐらちゃんの人物としての強い部分が徐々に顕在化してくると、そのもともとあった小動物的でおとなしくて天然で素朴で従順で純粋でほがらかでポジティブな部分がさらに際立つとても魅力的な人物となります。その流れを含めてゆったりと味わうのが個人的にはおすすめです。

終わりに

本作はまず間違いなく百合ゲーです。
しかしながらフォルテールという楽器とかぐらちゃんのいいキャラが合体することで、本作を包む空気はとてもほっとする、いやされるものになっています。
それを示すいいエピソードをひとつご紹介して、本文書を終わりたいと思います。
桜立舎学苑への入学式、とある強い思いを抱いて受験したかぐらちゃん。音楽の実技試験で彼女は入学希望者の中でただひとり、フォルテールの演奏をしました。
将来担任となるスミス先生のお言葉を借りると、技術的に未熟な部分多々あれど聴いている人をとても幸せにする、とても温かくて優しい演奏だったそうです。
畢竟緊張を強いられる入学試験という場で自然とそうした演奏が出来るかぐらちゃん。その人物がおっとりしながらも芯の強い一面も含んでいるという事実を、フォルテールという楽器はさらに鮮やかに描く切っ掛けとして活用されているシナリオとなっていることに、私はかなりの感激を覚えたのでした。
それ以後、会話がくどいとか上長だとか、そういったことはあまり気にならなくなりました。それは確かにそうなのですが、それ以上に本作がその全体から表現しようと目指したものは、間違いなく本物だと心から感じられたからです。
音楽を心から演奏することの大切さ。そしてそういう人間性を人生の仲ではぐくみ育てることの大切さ。そういういろいろを、かぐらちゃんから改めて教えていただきました。本作にであえてほんとによかったです。

フォルテールのモデルとおぼしいピアノの描写としておもしろいことをもう一つ。
音ゲーパートで流れる曲はそのセッション相手のキャラソン(テーマ曲)なのですが、主にその人物との会話シーンにてそれらの曲のピアノアレンジ(インスト版)がBGMとして流れるという演出になっていて、作品内空気の統一が工夫されています。
そのピアノの演奏がですね、ほんっといいんです。まるで一人称のかぐらちゃんの人物や心情を体現したかのような、ほんとに素朴で丁寧で温かみに溢れる演奏。かぐらちゃん憧れのすくね様のお言葉より「フォルテールは人の心を写す鏡」とのことで、その事実をBGMという形で実現した、とても丁寧な演出だと思いました。

こんな本作でございます。UMD版の他VitaでもあそべるDL版もございます。機会がありましたらぜひ一度お手にとっていただけますと嬉しいです。
  それでは、今日はこのあたりにて♪

 前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る