絶対ヒーロー改造計画

メーカーニッポンイチソフト
ジャンルローグライクゲーム(不思議のダンジョン系統)
備考ダウンロード版あり
主要イベントフルボイス

はじめに

コンシューマゲーム界ではチュンソフトの「不思議のダンジョンシリーズ」としてその知名度を上げた「ローグライクゲーム」というジャンルがあります。
ランダム生成されるダンジョンを探索し、そこで起こる出来事、登場する敵やアイテム、罠の情報を蓄えながら、コンピュータが生み出すランダム要素へ知識と経験で挑んでいく。これがローグライクゲームの基本となります。
始祖のUNIX版が発売されたのが1981年。家庭用ゲーム機では、ドラゴンクエスト4のスピンオフ作品として発売されたトルネコの大冒険(SFC、1993年)により、このジャンルは広くゲームユーザ(ライトユーザ含む)に認知されることになりました。
あらゆる行動をとるごとに減少する満腹度。これがつきる前に食料を得ねばならず、特定のフロアでずっとレベル上げし続けて後半ダンジョンで強敵フルボッコという戦略がとりにくいようあえて作られたゲームデザイン。
一度志望したら、所持金はもちろんのこと入手したアイテムや装備を全て失ってレベルは1に戻されるという、まるでシューティングゲームのような仕様。
冷静に考えると実に難しく見えるこの内容を、チュンソフトのトルネコでは「店の発展」と「しあわせの箱をもってかえってくる」という、両方目に見える成果をハッキリと示すことで、失敗時に全てが失われたわけでないということをプレイヤーに示し、面白いゲームとして楽しまれたのでした。

その後、スクエアのチョコボの不思議なダンジョンシリーズ、Stingのバロックシリーズ、そしてチュンソフトオリジナルタイトルの風来のシレンシリーズと様々なシリーズが発売されていき、ローグライクゲームは1つのジャンルとしてコンシューマゲーム世界で確固たる位置を確立するようになったという歴史です。
個々に差別化が図られていて、ダンジョン内でやられてもレベルがリセットされないもの、シナリオにこだわった物、部屋と通路、という概念から脱却し、渓谷や樹海などをマップチップに取り入れた作品、ダンジョン内から別のダンジョンへ「移動」できるという仕組みを入れた作品。実にいろいろな個性を持ったタイトルが発売されていったものです。
今回ご紹介します「絶対ヒーロー改造計画」も、こうしたローグライクゲームの一作であります。

ゲームとして

まず本作は、志望するとレベルが1になる種類の作品です。
しかしそこはニッポンイチ、ダンジョン内のレベルとは違って「トータルレベル」というものがあり、これは経験値を積むことでどんどん上がっていく(1にもどらないレベル)のです。
これにより得られる恩恵は、レベル1(初期状態)でのパラメータの上昇、ダンジョン内でのレベルアップ時の能力向上時の補正など、様々にあります。
このトータルレベルを上げるということ、そしてダンジョン内で様々に手に入るアイテムを「チップ」にして体に埋め込んで、その結果としてパワーアップと成すという仕組みと組み合わせて自分だけのキャラを作っていく。これが本作の育成全般のキモとなります。
これじゃあ安心してダンジョン内でやられられますな、というわけではもちろんなくて、レアアイテムを持ち帰るまでの緊張感、お金をあずけておける場所は銀行でなく保険屋で掛け金がどんどん引かれていき、手持ちのお金がロストしたらあらゆる意味でいきなり金欠となるバランス(実家にも仕送りせねばならぬという状況がその絶望にさらなる拍車をかける)。
ダンジョンRPgの緊張感とRPG的成長要素を実に絶妙に折衷した、実に良いバランスのゲームなように思われます。
そして、こういったヒーローをモチーフにした作品で欠かせないのが装備品です。
あらゆる装備アイテムに固有グラフィックがついており、自分だけのキャラをこだわるということが実にやりやすくなっているのが本作の特徴の一つであります。
ここで知っておいていただきたいのが、本作の装備品とは、主人公のパラメータに一定量の上昇を与えるというものがほとんどであるという事実です。
純粋に攻略を突き詰める場合、各装備に固有でついている「スキル」を重視する必要がありますが、お気に入りの装備をメンテしながらずっと使い続けるというプレイスタイルでも、少なくとも1週目は十分に楽しめるというバランス。こうした浪漫を許容する案配で本作が作られていると言うことに、このソフトからにじみ出る暖かさを感じずにはいられないのです。
勿論、2週目3週目で練武ダンジョン(レベルアップ用のダンジョン)の中級や上級に挑もうとすると話は変わってきますが、まず最初はぜひごっこ遊びの延長として面白楽しくふれていただきたい、これはそんな作品です。

物語

あらゆるヒーローがヒーローになるため修行を積む地があるという。そこを裏地球といい、現実とリンクする形で様々な人の悩みや苦悩がモンスターやダンジョンの格好で顕在化している、裏地球とはそういった場所なのである。
正義のヒーロー・絶対勝利マケレンノジャーこと一文字ピロ彦はラスボスとの決戦に向かう途中、交通事故により命を落とす。
彼が息を引き取る直前、偶然にも横を通りかかった主人公へと変身ベルトを託すのだった。
ラスボス、田中デスダークのもとへと赴く主人公。しかし初戦がラスボスではとうていかなうわけもなく、ドラクエ4のような戦闘画面の中彼もまた虚空の彼方へと飛ばされてしまうのだった。
意識を取り戻した主人公は、裏地球のヒーロー育成機関に収容されていた。
成り行きとは言えラスボスと戦う宿命を背負った主人公の、実に長い修行の度、そしてラストバトルが幕を開けようとしていた。

題材

依存対象の消失、職難、世間体、片思い、ネグレクト、米国流正義、自信喪失、家族の絆、天才の孤独。
1話1ダンジョンという尺で、上述のような命題が痛快に解決されていくありさまは、実に見ていて楽しいものがあります。
現実はとかくたいへんですからもちろん本作で描かれるような描写は理想論なのかもわかりません。が、まず実際を直視する行程を全ての場面ではさんでから解決へと話が向かっていくという構造なので、実に説得力のある、そして痛快なシナリオになっていました。
子供向けっぽいなと直覚された方は実に正しいながら、しばしコントローラーを置くのを待っていただいて、そうですね。2話の落ちまでプレイしてみてください。
そのあたりから、この物語の迫力、本気度が垣間見えはじめます。
不器用なりにひっしにあがく人間の美しさ。それをプレイヤーのインタラクティブな介入により体験として描いた。これは、そんな「ゲームであればこそ描かれることが出来た内容」のシナリオを有するゲームです。
いろいろ行き詰まってきたなと感じたら、ぜひこれを遊んで再度復活する糧としてください。
そう、ひょっとするとこのソフトをプレイすることで、裏地球にいる貴方(プレイヤー)も救われるかもわかりません。そんな迫力が根底に流れる、実に良質な内容の物語でございました。

終わりに

本作は厳然たるRPGですので視力必須です。
日頃視力を用いないでゲームを遊ばれている場合は、ぜひご家族やご友人とお誘い合わせの上いろいろいじって盛り上がってみてください。
絶対ヒーロー改造計画(通常版 アマゾンで購入)

 前のページへ戻る 本文の先頭へ戻る